アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年5月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

スポーツトレーナーといえば、多くの方はプロ野球やプロサッカーの試合でケガ人が出た時、現場で具合を確かめたり手当をする人といったイメージでしょう。
確かにそれも仕事の1つですが、最も大切な仕事は担当チームの選手たちが良いコンディションで試合に望めるようにすることです。
そのためには、普段の練習時に運動能力を上げ体力や筋力をつけるトレーニングの指導を行います。

さらに、良いパフォーマンスをするには練習と休養のバランスを取り、疲労を後に残さないことが大切です。
そこでトレーナーは、選手たちに疲労回復のマッサージを行ったり、また逆に試合前にはウォーミングアップを行うことで状態を上げていきます。
このように、トレーナーは常に選手たちに寄り添い、彼らの体調を管理しているのです。

スポーツトレーナーは連携しながら活動する


スポーツトレーナーの仕事は、他の担当と連携を取りながら活動することが多くなっています。
たとえば、トレーニングの指導はトレーニングコーチとともに行い、ケガ人が出た場合は応急処置を行った後すぐに担当の医師の診察を受け、医師と連携を図りながら治療や今後の見通しを立てます。
また、トレーナーとして働く場はプロだけでなくアマチュアにもあり、社会人チームの他、大学や高校の担当になることもあるのです。
やはり責任の重さや仕事の煩雑さからプロのトレーナーがトップクラスであり、そこに至るにはまずはアマチュアチームで見習いから始め、ステップアップしていくのが基本となります。
プロはチームと直接契約することになりますが、アマチュアの場合は専属ではなくスポーツジムや整体院から派遣されてくることが多くなっています。

スポーツトレーナーになるために


スポーツトレーナーになるには、人体の構造や機能、トレーニング理論を学ぶことが必要です。
そのため、医療系専門学校か大学の体育学部に入学し、専門の知識を習得した後、日本体育協会の「アスレティックトレーナー」もしくは「ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会」の資格を取得するというのが一般的です。
しかし、非常に狭き門であるため、卒業後すぐにトレーナーになれる人はほとんどいないのが現状です。
そこで多くの人は、まずスポーツジムのスタッフや整体院の整体師として働きながら、トレーニングやマッサージの技術を学び、実績を作って機会を待ちます。
この期間は、一種の修行時間でもあることから給与は低めですが、ステップアップしてプロチームと契約すればかなり高額の年収を支払われることになります。

オススメリンク

どんなことを学ぶのか

スポーツトレーナーになる場合に、専門学校を利用する場合があり…Read more

就職でも有利になる

専門的な知識や技術を必要とする職業はいくつもあります。医師や…Read more

関連リンク